敏感肌でも安心|肌に負担のないファンデーション

化粧下地の必要性

しみ

シミができた肌

肌にシミがあると老けて見える原因になりますよね。シミができてしまうと簡単に消すことができないので、人と会うのがおっくうになったり、家から一歩も出たくなくなったりします。肌にできたシミを隠す手っ取り早い方法としてはメイクをすることです。メイクならシミ隠しをすることができますし、自信のある肌に仕上げることができます。

シミ隠しをする

一口にシミと言っても、人によって形や色合いはバラバラです。シミの色によっては目立たないものもありますし、色が濃いシミもあります。メイクの仕方によってはどんなシミでもカバーすることができるので、メイクは便利ですよね。
シミ隠しをする場合は、化粧下地をする必要がありますが、肌に良い化粧下地を行うことがポイントです。シミができる度にメイクで隠すとなると、肌にはダメージが加わります。メイクによってシミが増えてしまうことがあるので、素肌にメイクが触れないようにすることが大切です。その為に、化粧下地が必要となります。

肌の負担を軽減

化粧下地は肌の負担を軽くする為に行います。素肌に化粧下地で膜を張ることで、メイクによる肌のダメージを軽減することができます。シミ隠しをする場合の化粧下地といえば、コンシーラーが有効ですが、その際には肌の色に気をつけてコンシーラーを使用するようにしましょう。コンシーラーの上手な選び方は、自分の肌の色と似ているコンシーラーを見つけることです。